2014年7月21日

 「カタログ」サイトに、(.html)形式でカタログがご覧になれる様、また、「抵抗溶接の基礎」サイトに交流・直流の比較、簡単な原理、等を追加致しました。参考してください。



2014年3月21日

 2014国際ウエルディングショーが、今年は4月23日(水)~26日(土)にかけ、東京ビックサイトにて開催されます。今回も前回同様不二越の展示ブースにて、弊社のロボシーム機の実演と、片面スポット溶接機の実演を、ロボットにて行ないます。今回は更に、片面スポット溶接機のハンド仕様でのデモ、小型横シーム溶接機による、薄板のシーム溶接の実演、現場で簡単に溶接強度の確認が出来る、引張試験機等のデモも行なう予定です。その他、弊社独自の電源コントローラ(FFHC)やトランス(MFDC)、シーム用ハウジング等の展示紹介も行ないます。皆様のご来場を心よりお待ち致します。
尚 招待券のご希望の方は、ご連絡戴ければお送り致しますので、お気軽にご用命下さい。



2013年9月20日

 2013年11月6日~9日にかけて、東京ビックサイトにて「2013国際ロボット展が開催されます。今回も不二越さんの展示ブースに弊社のロボシーム機と片面スポット溶接機をロボットに搭載し、展示実演を行います。今回のロボシーム機は今までにない特殊な形状と、片面スポット機はツインスポットのピッチ自動可変タイプを展示実演する計画です。皆様のご来場を心よりお待ち致します。



2012年11月5日

 11月1日・2日に開催した「第4回ART-HIKARI&NACHI技術開放展」には、前回同様数多くのお客様にご来場して戴き、大盛況の上、無事終了する事が出来ました。これもひとえにご来場下さいました、皆様方の暖かいご支援の賜物と心より感謝申し上げる所存で御座います。これからも更により良い商品の開発、提供に邁進致したく努力してまいりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。





2012年10月1日

 第4回ART-HIKARI&NACHI技術開放展を11月 1日(木)・2日(金)の2日間、弊社館林工場で開催する運びとなりました。
今回は、ロボシームの新型を発表。特に車体の狭いコーナ部(内R部)でもシーム溶接を可能にしたロボシームの実演を行います。
また、片面スポット溶接機「AH-1」にて、ハンド使用はもとより、ロボットを利用した、1点打ち、2点打ち(ツインスポット)の実演も行います。是非ご覧になって頂きたいと思います。多数の方の参加をお待ち致します。

第4回技術開放展示会パンフレット(,pdf)

第4回技術開放展示会案内状(.pdf)


2012年6月30日

 弊社代理店が片側スポット溶接機「AH-1」や「引張試験機」等の紹介をしております。是非ご覧下さい。

http://green.atengineer.com/pr/j-sogyo/20120420001.html


2012年5月2日

 株式会社不二越 開発本部 発行の「NACHI TECNICLA REPORT Vol.23A1 October/2011」にて「シーム溶接とロボシーム溶接機」が発行されてます。参考になる思いましたので、今回紹介させて頂きました。

技術資料 「シーム溶接とロボシーム溶接機(.pdf)


2012年4月17日

 片側スポット溶接機「AH-1」を利用し、片面からでもシーム溶接を可能にした「ハンドシームガン」を開発しました。AH-1を利用した場合の能力として、板厚1mm程度、溶接スピード2M/分です。
ハンド・固定・テーブルタイプと使い方は様々です。また、他のシーム溶接機との接続も可能(オプション)です。今回インテックス大阪での国際ウエルディングショーにも出展実演し、大変好評を得ました。
シーム溶接の新たな可能性をご確認ください。

カタログ ハンドシームガン(.pdf)


2012年4月3日

 2012年4月11日(水)~14日(土)の4日間インテックス大阪にて「国際ウエルディングショー2012」が開催されます。株式会社不二越の出展ブース内にロボット搭載型シーム溶接機及び低加圧による片面スポット溶接機「AH-1」をロボット仕様とハンド仕様で展示実演を行います。また、AH-1を使ったハンドシーム溶接も実演する予定です。
 更に、現場でスポット溶接の品質評価に最適な小型引張試験機もご覧戴けます。是非ご来場戴ければ幸いです。
ブース番号は 4号館 3-19 です。お待ちしております。


カタログ ロボシーム溶接機(.pdf)

カタログ 高速シーム溶接ロボット(.pdf)


2012年3月12日

 今年行われた第3回技術開放展では、低加圧による片面スポット溶接機「AH-1」が、大変好評を戴きました。ハット型の形状の上にスポット溶接をする、同様な所にスッタドボルト溶接、ナット溶接をするなどを見て頂きました。
また、板厚2mm程度の部品のアーク溶接作業における治具レス化の検討で、アーク溶接の前の仮止めとして充分目的を果たす事が出来ました。 

 カタログ  片面スポット溶接機AH-1(.pdf)

更に今回は、テーブルスタイルにし、片側からの低加圧によるハンドシーム溶接も行いました。動画は「you tube」に有ります。
    「http://www.youtube.com/watch?v=4NkHMukQ-gA&feature=results_video&lr=1&ob=0」


2012年2月28日

 産報出版株式会社発行の2012年度版「3月号 2012Vol.60」に特集「抵抗溶接の新展開」で、「携帯(電話機)端末による正確簡単な抵抗溶接条件確認」掲載致しました。現場での条件確認にご活用ください。

携帯端末による溶接条件確認(.pdf)



2012年2月14日

 
29日・10日の2日間開催した「第3回 ART-HIKARI & NACHI 技術開放展」は昨年同様寒い中大勢の皆様約500社の来場があり、大盛況の上無事終了いたしました。また来場された多くの方々から、「大変充実した内容で参考になった。是非来年も、もう少し暖かい時期に開催してほしい。」とのお叱りのお言葉も多数頂きました。これも皆様方の暖かいご支援の賜物と心より感謝申し上げる所存です。今後も皆様に更に良い商品の開発、提供に邁進致したく努力して参りますので、よろしくお願い申し上げます。 今回は大変有難う御座いました。




2012年1月13日

 明けましたおめでとうございます。昨年は天災によって日本の実力を試された年でした、今年は復興を世界に見せ付けるチャンスを頂いた年と思います。資源のない日本が物造りという大きな資源をどの様に創意工夫して世界に示すかがポイントになると思います。今まで通りのやり方では元に戻ってもこの震災によって失われた時間を取り戻すことはできないと思います、したがってこの時間を追い越した所に着地できるような計画を立てなければならないと思います。そのためにわが社においても省エネ・高スピード・省スペースになる機械開発が必要と考えて来ました。そこで2月9日、10日の2日間で行う第3回技術開放展で我社の持つ新技術を見て頂いて(シーズ)新しい引き合い(ニーズ)を出して頂ければと思っております。

第3回技術開放実演会チラシ(.pdf)

第3回技術開放実演会案内状(.word)



To Top